« 厳しく客観的な忠告 | トップページ | 企業理念についての補足 »

2014年1月10日 (金)

起業のスタートライン

起業にとって、一番重要な事は、経営のテクニックではありません。

“自らの思い”です!

そして、それは、単に“したい”や“やりたい”、“できれば…”ではなく、

“やらねばならない”という使命感でなければいけません。

副業には偶然がありますが、事業は必然でなければ完遂できないのです。

事業とは「できるかどうか?」ではなく、『いかにして成し遂げるか!』が

条件なのです。

小さな会社には、企業理念の無いところが多いです。

理念無き組織のアキレスは、ピンチに弱く、チャンスに傲慢になります。

謙虚さ、真摯さを持ち合わせていない“たまたま”経営者には、

理念がありません。

当方が経営コンサルタントとして独立して10年、勤め人としてコンサル業を

学んだ約20年近い経験から言って、強いリーダー、強いリーダーの率いる会

社には、共通する価値観があります。

それこそが、使命感のある考え方、つまりは“企業理念”です。

企業理念は、その組織の存在意義であり、原点を意味します。

起業を夢見る人は、必ず、原点を持たなければいけません。

経営には“スタート”がありますが、いわゆる“ゴール”という完成系は無い

のです。

経過、結果は次のステップアップへの手段であり、目標です。

その長い道のりを乗り切るために必要な事、それが原点としての“企業理念”

なのです。

« 厳しく客観的な忠告 | トップページ | 企業理念についての補足 »

起業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1975385/54554957

この記事へのトラックバック一覧です: 起業のスタートライン:

« 厳しく客観的な忠告 | トップページ | 企業理念についての補足 »