« 成果の共有 | トップページ | 起業のスタートライン »

2014年1月 8日 (水)

厳しく客観的な忠告

どんなに業績を上げて経営者でも永遠の命を持つ事はできない。

会社は創業時、その創業者の私的なモノであっても、成長すれば、

公的なモノとなる。

いわゆる社会性を持った企業となれば、経営者の言動は聴衆の注目を受ける。

社会的影響が大きいわけである。

ただ、その認識が当人にどれだけあるかという課題は永遠にあるが。

また、経営者にもルールとしての任期ではなく、

本質論として“社長現役年齢”というものもある。

本人は「まだまだできる」と思っていても、周りからは“引退”してほしいと心の うちで思われているケースもある。

以前勤めていた会社のオーナーもそうであった。

本人は「歳はとってもまだまだやれる」と踏ん張っていたが、

晩年は“失敗(=判断ミス)”の連続で、最後は会社を売ってしまった。

(これが最大の失敗。私が独立後、本人がそう語ってくれた。)

会社は社員のミスで会社が傾く事は無いが、

経営者の舵取り一つで“会社”は沈没する。

経営者は常に自身の言動について、

“厳しく客観的な忠告”をしてくれる人を傍におくべしである。

失敗には必ず成功へのヒントが詰まっている。

« 成果の共有 | トップページ | 起業のスタートライン »

コンサルティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1975385/54531584

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しく客観的な忠告:

« 成果の共有 | トップページ | 起業のスタートライン »