« 会社の実績(評価分析) | トップページ | 起業スタンス »

2014年2月16日 (日)

経営のために“対応力”を身に付けよう!

前回まで、経営の仕組み構築への5つの基本について解説しました。

次に、起業をされる方、起業を目指される方へ、

“経営”に関する注意点をいくつか解説したいと思います。

経営=仕事ですから、経営に関する要注意事項は、常に仕事に対する基本的な

心構えと言えるでしょう。

まずは、対応力。

これは、自社の環境に対する適応力をしっかりと付けるということです。

企業経営は“弱肉強食”ではなく、“適者生存”です。

そのために必要なことは、変えるべき点、変えてはいけない点をしっかりと

分けて、“経営する”という姿勢です。

前者の代表が、“仕組み”です。

後者のそれが、“経営理念”ですね。

まず、その点が分かっていない経営者が非常に多いです。

だから、経営者の多くはきっと強運の持ち主なのでしょうね?!

『たまたま上手く行った』それは、経営ではありません。

『環境が良かった』それも同じです。

経営は舵取りをしっかりしてこそですから、以前も書いたように、事業は

当たるか外れるかの博打ではないのです。

そのことを常に強く意識するように、変えるべき点、変えてはいけない点につ

いて、経営者は明確にしておくべきなのです。

仕事も同じで、いわゆる“できる人”は、自身の固定化した業務と適応可能な

業務をしっかりと分けています。

心に切り替えスイッチを持っている人は、仕事ができます。

会社という組織ともなれば、その切り替えが非常に大変になります。

起業をされる方、起業を目指される方はきっと“仕事ができる人”でしょうか

ら、その点の確認は簡単だと思います。

でも、自身が出来ることと部下にさせることは、大きくその質を変えますから

要注意です。

経営は、単純で簡単なほころびが命取りになりますから、しっかりとしたスタ

ンスで挑んでくださいまし。

対応力を必ず身に付け、その能力を磨き続けましょう!!!

では、また次回。

« 会社の実績(評価分析) | トップページ | 起業スタンス »

起業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1975385/55013022

この記事へのトラックバック一覧です: 経営のために“対応力”を身に付けよう!:

« 会社の実績(評価分析) | トップページ | 起業スタンス »