« 作業支援の管理(縁の下の力持ち) | トップページ | 会社の実績(評価分析) »

2014年2月 4日 (火)

起業家精神について “いかにして成しえるか”

組織構築の基本業務は残すところ、あと1項目ですが、

ここで、ちょっとコーヒーブレイク。

起業家精神について。

アントレプレナーシップのことですが、最も重要なスタンスというものがあり

ます。

それは、“成功するか失敗するか”というスタンスでは、起業(=事業)は確実に

頓挫します。つまり、“運”で起業(=事業)するものではないからです。

自らの信念に基づき、事を興すわけですから、運は大事ですが、それよりも

起業家の考え方が最も重要なのです!

だから、起業(=事業)へのスタンスは、常に“いかにして成しえるか”しかな

いのです。

そのスタンスだから、厳しい道のりを歩めるし、喜びも悲しみも全て糧にでき

るのです。

誰でもできることなら、あなたがやる必要は全くありません。

あなたには、あなたにしか見えないモノが見えて、そこにニーズを嗅ぎ取って

いるからこそ、あなたのイノベーションとなるわけです。

お客さまの要望はなにか。

その追求には驕り、儲けも必要ありません。

私は以前勤め人の頃、会社のリクルートを担当していました。

本業は企画開発の責任者で、事実上オーナーの右腕でした。

だから、多くの人材発掘の面接官をしていた時、どんな人が採用に値しかつ伸

び、どんな人が不採用なのかを見極めて来ました。

前者は常にしっかりとした考え方をして来た、あるいは今している人です。

人が集まって組織になります。

人=組織です。

その人は、その人の考え方を源に発言、行動します。

考え方をしっかりとさせることは、“生き方”を左右します。

だから、起業(=事業)の行く末は、その興す人の考え方が、最も大切なのです。

経営コンサルタントをしていると多くのオーナーと出会います。

優秀な人望の厚いオーナーは、みなしっかりとしたスタンスでぶれません。

このブログをお読みの起業される方、起業を目指される方は、常に自らの思い

に問いかけ続けてください。

“おまえには覚悟ができているか”と。

« 作業支援の管理(縁の下の力持ち) | トップページ | 会社の実績(評価分析) »

起業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1975385/54856124

この記事へのトラックバック一覧です: 起業家精神について “いかにして成しえるか”:

« 作業支援の管理(縁の下の力持ち) | トップページ | 会社の実績(評価分析) »