仕事

2013年12月28日 (土)

組織開発と対話

組織開発に最も重要な仕事は“対話”である。

組織では机を並べた者同士だけではなく、他部門交流、上司と部下、

先輩後輩、経営陣と一般社員、各部門の責任者間など、

縦横無尽な対話が最も大切な仕事である。

専門用語など使わず、誰にでも理解可能な相手の立場を思う言葉や意見、

それが出来て初めて、意識改革の種まきは始まる。

外から言われて初め気付くこと、

部下や現場からの意見、あるいは仕事に対する考え方。

これらの中にはその組織を成長させるアイデアや

顧客志向の芽が数多く含まれている。

組織力を減退させるのは、無視、無言という自分本位、自部門本位である。

組織が組織である証明は、“対話”による意思の疎通であり、

組織における目的意識、価値観の共有である。

組織開発は、そこで働く人達の意識開発でもある。

どうか、“対話”を大切に、丁寧に実行していただきたい。

2013年12月10日 (火)

抵抗感

1年も早いもので既に最終コーナーを回って、最後の直線です。

最後の最後まで、力を出し尽くせるか、それが更なる飛躍へのキーポイント。

先日の講演会後、2代目の方をお一人ご紹介いただく。

兄が社長で、弟(本人)が専務。

現場に居る職人は、変わる事を嫌がると。

この世界に身をおく当方もその点は了解済み。

職人に限らず、長く定位置に居ると、

変わる事への恐怖、不安がかなり強くなる。

抵抗感をいかに解きほぐすか。

会話でしか、解けない交流。

メール族では難しい。

時間はかかるが、必ずできる。

あとは、チャンスをつくるだけ。

2013年12月 5日 (木)

今日はパート1へ

意識改革最前線の日々パート1

2013年11月 2日 (土)

大男

1日一歩、3日で三歩、三歩進んで二歩下がる。

歌詞の話ではなく、人材育成の話である。

しかしながら、3日で一歩進むなら、順調な歩みと言えよう。

実際には、進むペース以上に、下がる力の方が強く、早い場合も多い。

その時にいかにペースを取り戻すことができるか。

人材育成という“仕事”をどこまで本気で、

真剣に捉え、考えているか。

人、モノ、金という資源の中で、

最も大変で困難な開発、育成がその人であり、

成功すれば、モノや金を最も持続的に、しかも効果的に

有用化するものはないだろう。

会社では、常にハード面の強化と

ソフト面の強化、育成が不可欠な仕事とされているが、

後者に照準を定めているトップがどれだけいるだろうか?

最近、噴出している企業の不祥事は、

その課題をまたも投げかけている。

大男、総身に知恵が回らず。

2013年11月 1日 (金)

従業員をどう育てるか?!

昨日はきつい電話が数件入る。
予想通りも2件あって、良くない流れなので、
そこでポジティブシンキング思考にスイッチを入れた。

従業員の定着率が良くない会社で、業績向上、繁栄しているところはない。
周知のところ。
理由も簡単で、経営陣の従業員に対する考え方が良くない。
世間で言うところの“ブラック企業”的な要素が強い。

従業員は使い捨てなどと考えている経営陣は、
時を経ず、お客さま(世間も含め)から見放されるだろう。
従業員をどう育てて行くか?
こんな言葉をご紹介!
『やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、
褒めてやらねば、人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず』
太平洋戦争開戦時の連合艦隊司令長官
山本五十六長官の言葉です。

その他のカテゴリー